«

»

1月 14 2015

Print this 投稿

自転車先導のご紹介

大会当日、自転車先導を務めていただく皆さんのプロフィールをご紹介します。

masashi_ishii石井 雅史(いしい まさし)

1972年12月23日生

伊勢原市出身、藤沢市遠藤在住

所属:公益財団法人藤沢市みらい創造財団

藤嶺学園藤沢高等学校を経て、日本競輪学校第72期生として日本競輪選手会・神奈川支部に在籍。A級選手として活躍。2001年ロードワーク中の事故により高次脳機能障害を負い、競輪選手登録を削除される。(通算戦績609戦93勝 優勝8回)

引退後はパラサイクリングに取り組み、2006年、2007年の世界選手権では世界新記録を含む好成績を収める。2008年の北京パラリンピックでは金・銀・銅すべての種類のメダルを獲得する活躍をみせ、大会終了後には藤沢市市民栄誉賞を受賞。2009年4月からは藤沢市スポーツ振興財団(現・藤沢市みらい創造財団)の非常勤嘱託職員として競技活動を続けるも、9月の世界選手権で再び大怪我を負ってしまう。

リハビリを経て2010年のアジアパラ競技大会では銀メダルを獲得し復活。たび重なる怪我を乗り越え、2012年のロンドンパラリンピック代表選手となる。
2014年のアジアパラ競技大会でも銀メダルを獲得し、第一線での活躍を続けている。

masamichi_yamamoto山本 雅道(やまもと まさみち)

1978年8月4日生

所属:KINAN Cycling Team

主な成績

1999年、2000年:全日本選手権U-23カテゴリー連覇

2004年、2005年:シマノスズカ国際ロードレース連覇

2008年:ツールドマルティニーク(フランス)でステージ優勝

2008年:経済産業大臣旗第42回全日本実業団対抗サイクルロードレース大会優勝

2010年:ツールド北海道団体総合優勝

2011年:現役引退

2015年:選手復帰

その他

2007年より地元・藤沢市で子ども向け自転車スクール「サイクルチャレンジ藤沢」を年一回開催、校長を務める。

2013年:藤沢に「BICYCLE FACTORY YAMAMOTO」開店

kenji_itami伊丹 健治(いたみ けんじ)

1988年9月15日生

所属:KINAN Cycling Team

2007-2014年:Team Bridgestone Anchor

主な成績

2009年:ツールド沖縄総合優勝

2009年:U-23世界選手権出場

2010年:ツールド沖縄2位

eiichi hirai平井 栄一(ひらい えいいち)

1990年11月18日生

所属:Team UKYO(チーム右京)

2009-2013年:Team Bridgestone Anchor

主な成績

2008年:全日本選手権ジュニア優勝

2009年:全日本選手権U-23優勝

2014年:ツールド熊野第1ステージ4位

2014年:ツールド沖縄6位

Permanent link to this article: http://shonan-fujisawacity-marathon.jp/info/2681