自転車先導者

大会当日、自転車先導を務めていただく皆さんのプロフィールをご紹介します。

 

 

山本 雅道(やまもと まさみち)

1978年8月4日生まれ 40歳

神奈川県藤沢市出身
横浜高等卒業後イタリア2年、フランスで1年レース活動後、
日本に戻り全日本選手権U23カテゴリーで2連覇。
2011年一度現役を引退するも、2015年に復帰。
藤沢で自転車店BICYCLE FACTORY YAMAMOTOを経営

 

 

 

 

 

綾部 勇成(あやべ たけあき)

1980年9月5日生まれ 38歳

神奈川県藤沢市出身

元プロロード選手

現株式会社和光ケミカルサイクルスポーツ事業部所属

 

 

 

 

伊丹 健治(いたみ けんじ)

所属チーム 2007~2014 ブリヂストンアンカー
2015~2016 キナンサイクリングチーム2009年

ツール・ド・おきなわ 区間1勝(第2)、総合優勝
U23世界選手権出場

2010年
ツール・ド・おきなわ 総合2位
熊本国際ロード10位

2012年
ツール・ド・北海道 総合7位

2016年
ツール・ド・フィリピナス 総合8位

 

 

masashi_ishii石井 雅史(いしい まさし)

藤嶺学園藤沢高等学校を経て、日本競輪学校第72期生として日本競輪選手会・神奈川支部に在籍。A級選手として活躍。2001年ロードワーク中の事故により高次脳機能障害を負い、競輪選手登録を削除される。(通算戦績609戦93勝 優勝8回)

引退後はパラサイクリングに取り組み、2006年、2007年の世界選手権では世界新記録を含む好成績を収める。2008年の北京パラリンピックでは金・銀・銅すべての種類のメダルを獲得する活躍をみせ、大会終了後には藤沢市市民栄誉賞を受賞。2009年4月からは藤沢市スポーツ振興財団(現・藤沢市みらい創造財団)の非常勤嘱託職員として競技活動を続けるも、9月の世界選手権で再び大怪我を負ってしまう。

リハビリを経て2010年のアジアパラ競技大会では銀メダルを獲得し復活。たび重なる怪我を乗り越え、2012年のロンドンパラリンピック、2016年リオパラリンピック代表選手(1Km TT 6位入賞)(個人パーシュート8位入賞)(チームスプリント8位入賞)となる。